不動産 資格

不動産業界に就職するために必要な資格まとめサイト

不動産資格まとめサイトについて

 

当サイトは
不動産業界に就職するために必要な資格を
業務別にまとめたようなサイトです。

 

資格取得の難易度や
おすすめの勉強方法などを紹介しています。

 

不動産業界への就職や転職を考えている方は
是非参考にしてみてください


 

不動産関連の資格ってどういうのがあるの?

 

 

宅建(宅建取引主任者)の資格

 

不動産といえば宅建というくらい有名な資格ですね。
不動産の取引・仲介を行うエキスパートとして活躍することができます。

 


 

 

 

マンション管理士・管理業務主任者の資格

 

マンション管理士とは、マンションの所有者などの相談に応じてコンサルティングなどを行う資格です。不動産業界のスキルアップとしても重宝されます。

 


 

 

 

土地家屋調査士の資格

 

土地家屋調査士とは、土地の境界・登記に関するトラブルの専門家としてクライアントの不動産を守ることができる資格です。

 


 

 

 

1級建築士/2級建築士の資格

 

不動産業界の中でも建築関係の就職を目指される方は、1級建築士や2級建築士の資格がおすすめです。

 


 

 

 

不動産鑑定士の資格

 

不動産鑑定士とは、土地や建物に対して所有権以外の権利の「経済価値」を判定して、金額として数字を表示することができる仕事の資格です。

 


 

不動産業界で宅建はとても就職に有利な資格

 

不動産業界に就職をお考えのみなさん、
不動産業界の仕事には様々なのもがありますが

 

自分の営業力に自身がある

 

思いっきり稼ぎたい

 

という方でしたら、
建て売り住宅の営業はいかがでしょうか。

 

 

建て売り住宅の営業の職務は主に広告やテレビ等での宣伝活動を通じ、顧客をモデルハウスに集め、
その訪問者と契約を結ぶことがメインになります。

 

モデルハウスでのイベントを手がけたり、
バスを使ってのツアーを企画していたりするのも建て売り住宅の営業の方たちなのです。

 

 

営業職ですので、就職の際に特別の資格はいりませんが、
建築士や宅建の資格保持者は優遇されるという場合もあります。

 

 

 

宅建とは、建物・土地を含む不動産の売買や賃貸を手がけるときに、
保持していなければならない資格となります。


 

宅建はじつは専門学校などに行かなくても、独学で合格する取得することがいわれています。

 

 

この宅建に合格すると宅地建物取引主任者となり、
この方たちにしかできない業務が行えるようになるのです。

 

 

いわゆる「業務独占」というものですね。

 

 

建て売り住宅の営業にかかわらず、不動産業界すべてにおいてこの資格の取得者が就職に有利といわれるのは、この業務独占が強みとなるからです。

 

→宅建取引主任者の難易度は?

 

→二級建築士取るためにはどれくらいの時間勉強すればいいの?

 

 


資格の勉強で得た豊富な知識でスムーズな契約

不動産業界では、
マンション販売員は年々増員されています。

 

 

マンション販売員は不動産、
主に新築のマンションの販売にたずさわる
営業マンのことをいいます。

 

 

 

 

 

とくに特別なスキルや資格というものは就職の際、絶対必要という訳ではありませんが
宅建の資格ともっていると不動産就職に有利とはいわれています。

 

この資格をもっていれば、不動産の売買にあたっての重要事項の説明、
またその説明書への記入・押印等の独占業務を行うことができるからです。


 

マンション購入は、だれにとっても一大決心が必要となり、
そんなときは頼りになる販売員がついていていれるということはとてもありがたいことです。

 

 

宅建の資格は、就職だけでなく実務でのお客さんとの信頼関係を築くうえでも
大いにメリットとなるでしょう。

 

資格取得によって得た不動産に関する豊富な知識は
マンションを販売するうえでスムーズにことを運ぶことができるでしょう。

 

→宅建の資格はどれくらい勉強すれば取れるの?


就職後に実務と資格の勉強を同時進行する

 

不動産業界への就職を目指し就職活動されている皆さん、
不動産業のどのような仕事に興味があるでしょうか。

 

 

不動産業というと、

 

不動産の販売や売買

 

不動産の仲介

 

大規模な開発

 

管理物件の運営やメンテナンス

 

不動産と金融を融合した業務

 

。。。とじつに多岐にわたります。
自分の専門分野を活かせるということで大変人気の就職先でもあるのです。

 

それでは、具体的に賃貸仲介業務についてみていきましょう。
賃貸物件としては、おもにマンション、アパート、事務所や駐車場となります。

 

広告等を見て、実際に気に入った物件があり来店されたお客さんや、具体的な希望物件がなく来店されたお客さんに対して、ニーズにあった物件をいくつか紹介し、気に入った物件がみつかれば、実際に現地に案内し、気に入れば契約ということが一連の流れになります。

 

この仕事に必要な資格は特にありませんが、
一般的に不動産業界への就職に便利といわれている宅建取引主任者、
不動産鑑定士など取得しているのであれば有利です。

 

また、近年では、企業によって資格取得の奨励や資格手当の支給を積極的に行っているところもあり、就職後に実務を手がけながら資格の勉強の力を注ぐという方もいらっしゃるようです。

 

→宅建取引主任者を独学で取るための最低勉強時間は?

 

→【超難関】不動産鑑定士の難易度ってどれくらい?

 

→【これも激ムズ!でも有利】土地家屋調査士とは?

 

→【宅建よりもちょっと簡単】マンション管理士の資格をとるには


不動産業界に就職するためのおすすめ資格ランキング!

宅建の資格



宅建はこんな方におすすめ!
 不動産業界でバリバリ働いて思いっきり稼ぎたい方の足がかりとしてピッタリです
【難易度】
【受験資格】受験資格は不要なのでどなたでも受けられます
【勉強期間の目安】約6ヶ月


マンション管理士・管理業務主任者



マンション管理はこんな方におすすめ!
 近年のマンションの登場にともない、ますます需要がのびている「マンション管理士」は不動産業界のスキルアップとして最適です
【難易度】
【受験資格】受験資格は不要なのでどなたでも受けられます
【勉強期間の目安】約7ヶ月〜


2級建築士



2級建築士はこんな方におすすめ!
 不動産業界での即戦力が身につく建築士は就職に有利です
【難易度】
【受験資格】受験資格は不要なのでどなたでも受けられます
【勉強期間の目安】約12ヶ月


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ